×

注目されている理由

男女

最近は、婚活にもさまざまな形があり、バツイチ同士での婚活も増えてきました。例えば、パーティーなどはこれに該当します。バツイチだけのパーティーもありますが、そうではなくパーティーの中にもいろいろな人が参加しており、その中でもバツイチの人が何人か参加している可能性もあります。注目されている理由は単純に、離婚している人が増えているといえるでしょう。以前と異なり、世の中もバツイチの存在に対して大きな偏見の目で見ることはなくなりました。そのため、パーティーを開催する会社の方も積極的に離婚した人に対してアプローチをしていくわけです。当然離婚した人も、相手を見つけようとしたい気持ちがあるならば、積極的に参加するべきでしょう。初婚の人を狙いたいならば別ですが、多くの場合離婚した人を選ぶならば相手の気持ちがわかりますので、そのような人を選ぶ可能性が高まります。

パーティーの場合の費用

バツイチの婚活では、どれぐらい費用がかかるか気になるところです。基本的にパーティーの場合にはそれほど大きな費用がかかるわけではありません。ただ結婚相談所と違い、単発で終わってしまうため申し込むためにお金がかかるのが特徴になります。例えば、一般的なパーティーならば、性で\5000前後男性の場合には\10000前後になることが一般的になります。時間の方は、2時間から3時間なるため相手を作るには十分な時間といえるでしょう。もちろん人によっては、それだけの時間で足らないこともありますが、なんとか相手を自分のものにする場合時間を短縮するための方法を考える必要があります。一方で、屋外で行われるバーベキューパーティーなどは、移動するときの費用がありますので、もう少しお金がかかる傾向があるでしょう。

結婚相談所の費用

バツイチの場合には、なかなか知り合う機会がないため結婚相談所に参加する人も少なくありません。婚活の定番になりますが、バツイチだけの相談所はめったにないため、一般的な相談所の中で離婚歴がある人などをみつけていくことがポイントになります。この時の費用ですが、主に入会金と毎月の月謝そして成婚料と呼ばれるものに分かれるのが特徴です。初回費用は、キャンペーンなどをしている場合は半額になることもありますが、10万円前後と考えておけばよいでしょう。結婚相談所によって、ずいぶんとその傾向は異なります。一方で、毎月の月謝は高級なところを除けば10000円前後になることが少なくありません。成婚料とは、結婚が決まった時に結婚相談所に対して支払う料金のことを意味しています。この費用は、比較的大きくなりがちで100万円を超えるようなところも少なくありません。ただ、相談所によっては10万円ぐらいのところもあるでしょう。

広告募集中